光回線の速度上昇方法はある?

光回線の速度を上昇する方法にはPCとモデムをLANケーブルで接続する方法や、速度が速いプロバイダーに変える方法や料金プランを見直す方法などがあります。
少しの作業や料金プランの見直などで光回線の速度を上昇させて快適にインターネットを使えるようにすることも可能です。

PCを無線LANルーターで無線接続している場合には光回線の性能を無駄にしている可能性があります。
無線接続の場合だと安定性が低下するので、モデムとPCをLANケーブルを使用して接続するという方法で速度を上昇することが可能です。
LANケーブルで有線接続すれば安定性が低下しにくく光回線の性能を持て余すことなく活用できます。

また無線接続を利用してPCをインターネットに接続している場合には、無線LANルーターとPCの間にある電子レンジなどの家電によって電波が影響を受けることもあります。
LANケーブルによる有線接続の場合には電波の干渉も受けません。

PCとモデム間で有線接続を試しても速度が上昇しない場合には契約しているプロバイダーや料金プランの自体の速度が遅い場合があります。
光回線の中でも特に速いプロバイダーにNURO光があり、下りの最大速度は2Gbpsとなっていて一般的な他のプロバイダーの2倍の速度で光回線が利用できることになります。
NURO光は下りが最大で2Gbpsなので動画の視聴やインターネットブラウジングでも安定して利用することが可能になります。
現在契約しているプロバイダーの下り速度が1Gbpsである場合やプロバイダーの設備が貧弱な場合には、NURO光へプロバイダーを変えることで2倍で光回線が利用できるようになり速度を上昇させることが可能です。
NURO光は全国区のサービスではないので、NURO光が利用できるエリアかどうかを確認しましょう。

光回線の料金プランを見直して変更することで速度を上昇させることが可能な場合もあります。
特に夜などの時間帯に遅くなる場合や集合住宅で光回線を利用していて遅くなる場合には効果を実感しやすいです。
プロバイダーによっては料金プランを変更したり追加料金を支払うことでIPv6という接続サービスが利用できる場合があります。

IPv4は少し古い規格なので既にIPアドレスを大量に発行してしまったので、深夜の時間帯や集合住宅だとアクセスが集中して混雑しやすいです。
IPv6は事実上無限にIPアドレスを割り振れるのでアクセスが込み合うことなく、深夜などの時間帯や集合住宅での使用でも速度を上昇させることが可能です。