フィンテックとは、ファイナンス(金融)とテクノロジーとを合わせた言葉です。
いつの時代も金融システムは何らかのテクノロジーを用いてきましたが、フィンテックでは特にIT技術を用いたものを指します。
話題の仮想通貨などもそうです。

従来、金融システムは銀行が担ってきました。
私たちの生活でも、現金については今でも銀行を利用していることでしょう。
給与の振り込みや、預金、銀行振り込みによる送金など、確かに今でも銀行を利用し、銀行(ATM)から引き出した現金を用いる場面は多いことでしょう。

現金使用率は低下している

しかし、このように現金を用いる場面は減りつつあるのも事実です。
近年では、インターネットショッピングで買い物をすることが増えました。
ネット上では、ほとんどの場合クレジットカードで支払うことになります。
また、ネット上だけでなく、スーパーやコンビニなどの実店舗での買い物でも、クレジットカードや電子マネーを使う人が増えてきています
ポイントがついてお得だからというメリットもありますし、支払いが簡単で楽だというメリットもあります。

仮想通貨が期待されるのも、取引のコストの低さと利便性です。
仮想通貨とはネット上での電子データであり、それを送受信することで支払いがなされます。

現金というモノを扱う手間暇がかからずネット上で完結するので、人件費などのコストが発生しません。
クレジットカードではそれを導入するのにお店に費用の負担がありましたが、仮想通貨ではカードリーダーのような設備を必要としません。
ユーザーの側からすると入金や出金に手数料を払わなくても済みますし、今までのように決済コストが商品価格に上乗せされていたのがなくなって、買いたい商品の価格が下がるかもしれません。

お金の受け渡しもできる

また、スマホなどネットに接続している端末があれば、簡単にお金の受け渡しや支払いができます。
支払いのために銀行振り込み用紙に住所を記入したり、お財布に何枚も異なるカードを入れて持ち運んだりする必要もなく、スマホ一つで買い物ができます。
スマホをかざすという動作だけで、お金に関する用件が済んでしまうのです。

フィンテックではお金のやりとりにITならではのセキュリティ対策をとることができます。
銀行での取引やクレジットカードの作成には身分証明などが必要でした。
フィンテックではIT、特に人工知能(AI)を使うことで独自の本人確認ができます。
指紋認証などがそうです。
AIが画像を学習することで、端末などが利用者の指紋認証を行うことが可能となります。

LINEでお金の受け渡しができる!?

LINEというコミュニケーションサービスが、お金の受け渡しができるサービスを始めました。
そもそもお金の受け渡しもコミュニケーションの一部です。
商品を受け取り、その対価を支払うという、売り手と買い手のコミュニケーションです。
また、商品を介さない、友人などとの普通のコミュニケーションに伴ってお金をやりとりすることもあります。
飲み会の割り勘などがそうです。
買い物の支払いには、現金のほかクレジットカード決済や電子マネーによる支払いが主でしたが、LINEの決済機能での支払いを受け付ける業者も増えてきました。

この場合、登録しておいたラインの決済機能にお金をチャージしておき、そこから支払うことになります。
日本円ですから、ビットコインのような新しい通貨を購入する必要もなく、お金の価値も安定しています。
クレジットカードのように作成や支払いに手間はかからず、電子マネーのようにお店ごとに異なるカードを用いるわけではないので、簡単で便利です。

買い物以外の日常の生活場面でのお金の受け渡しは、銀行振り込みやクレジットカードを用いるほどではないことも多いものです。
口座番号を教えるほど重大な用件でもなく、相手がクレジットカードのカードリーダーの設備を持っていない場合がほとんどでしょう。
割り勘やプレゼント程度なら現金で行うのが一般的です。

支払い情報も取り扱える

LINEでは、日常生活のコミュニケーションをネットで電子データで行うのと同時に、支払情報のやり取りも同時に行います。
「この間立て替えてくれたお金、送るね」というメッセージとお金そのものを同時に同じサービスで送ることができるのです。
1対1の2者間だけでなく、仲間全体で「割り勘」する機能もついています。

送金機能については安全性のため、本人確認が必要となります。
なお、本人確認をしておけば、他にもクレジットカードや銀行と連動させることもできます。
また、銀行を通じて出金することも、手数料はかかりますが可能です。

今までなら日常生活でお金をやり取りするのは、直接会って現金を手渡さなくてはなりませんでした。
割り勘などでは、誰かが計算して、お店の出口で皆がお財布を広げて小銭などをジャラジャラさせながら清算していました。
これでは手間も掛かるし興ざめです。
LINEを使えば、お互いに楽しくお金をやり取りできるようなメッセージとともに、スマートに簡単にお金の受け渡しができます。
フィンテックは、金融機関の業務を変えるだけではなく、個人の生活の中でのコミュニケーションも変えようとしているのです。

最新記事